肥満からくるいびきや睡眠時無呼吸症候群にはダイエット

肥満は体だけでなく、上気道の内側や舌にも脂肪がつくため、
いびきや睡眠時無呼吸症候群の大きな原因となります。

上気道の内側や舌に脂肪が蓄えられることにより
上気道が狭窄・閉塞されていびきや無呼吸が発生してしまうからです。 「肥満からくるいびきや睡眠時無呼吸症候群にはダイエット」の続きを読む…