イラストでわかる いびきをかかないトレーニング法

いびきを改善する短期集中トレーニング。1日15分のエクササイズをイラスト付きで解説。継続することで徐々に改善を実感!大応援価格で販売中です。

この歳になって急に…女性のいびきと更年期

若い頃にはまったくいびきをかかなかったのに、
50歳前後からかくようになった…という女性は実は少なくありません。

閉経前後の年齢になると、卵巣の機能が低下し、
それに伴って、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌も低下します。

ホルモンバランスが乱れることで発症するのが更年期障害。
様々な症状を引き起こしてしまいます。

障害とまではいかなくても、エストロゲン減少によって
誘発されるのが「いびき」なんです。

 

エストロゲンといびきの関係

エストロゲンは俗に美人ホルモンと呼ばれる、
女性らしいボディラインを作るのに欠かせないホルモンです。

また、精神を安定させ、穏やかで優しい性格を作るのも
エストロゲンによるものといわれています。

 

そして、エストロゲンには上気道周辺の筋肉を
コントロールする働きもあるんですよ。

このホルモンが減少すると、上気道周辺の筋肉が弛緩しやすくなり、
気道が狭まることで、いびきを誘発してしまうんです。

いびきだけでなく、同時に睡眠時無呼吸症候群の発症リスクが
高まってしまうことも。

(関連記事 ⇒ 男性とは違う?女性のいびきについて

 

 更年期のいびき対策は?

 ホルモン療法

原因はエストロゲンの減少なので、更年期障害で行われる
ホルモンを補充する治療が有効です。

しかし、ホルモンを補充すると、乳がんの発症率が高まるなどの
リスクがありますので、ほかに更年期障害の症状がない場合には
あまりおすすめできません。

 

 いびき外来

自分に合った治療を提案してもらえます。
また、睡眠時無呼吸症候群と診断された場合には
保険適用でCPAP治療が受けられます。

 

 レーザー手術

レーザーでいびきの原因になる組織(のどちんこ周辺)を
切除する手術ですが、これもリスクがあるので慎重に検討しましょう。

(関連記事 ⇒ いびきレーザー治療のメリットとデメリット

 

 自分で対策する

自分に合うと思われる方法で自己対策する方法です。
当サイトの「いびきの治し方」カテゴリーを参考にしてみてくださいね^^

 

女性の場合、閉経後に睡眠時無呼吸症候群を発症する人が
急激に増加します。

もしも、朝起きると頭痛がする、昼間に強い眠気がある、
などの症状がある場合、まずは病院で検査を受けることをおすすめします。

 

LINEで送る
Pocket


管理人が試したいびき対策と体験レビュー


えぞ式すーすー茶
いびき対策になる健康茶。夜間の鼻づまり解消でスッキリ。
⇒ 体験レビュー

しずかなおやすみ
いびき防止サプリメント。1日2粒飲むだけのお手軽対策。
⇒ 体験レビュー

いびき枕
気道を開放して呼吸をスムースに。一番手軽ないびき対策。
⇒ 体験レビュー

コメントを残す