イラストでわかる いびきをかかないトレーニング法

いびきを改善する短期集中トレーニング。1日15分のエクササイズをイラスト付きで解説。6ヶ月メールサポート&キャンペーン価格で販売中です。

アレルギー性鼻炎といびき

日本人の5人に1人が罹っているといわれるアレルギー性鼻炎。
その中でもっとも多いのは、やっぱりスギ花粉症です。

スギ花粉症は季節性なので、時期が過ぎれば症状が治まりますが、

通年性のものは、症状がエンドレスで続きますから、
お悩みの方も多いと思います。

そういう私、管理人ゴォー太郎も完全にアレルギー体質で、
スギ花粉症とアレルギー性結膜炎を持っているので、
花粉の飛散時期はかなり苦しいです~。

 

アレルギー性鼻炎からくるいびきと鼻いびき

鼻水、鼻づまり、くしゃみ、鼻の奥のかゆみなど、
わずらわしい症状が続くアレルギー性鼻炎。

この病気の人で、いびきをかく人は結構多いと思いますが、
主な原因は炎症によって粘膜が腫れて、鼻腔内が狭くなってしまうこと。

鼻呼吸しづらいので、口呼吸からいびきが発生したり、
狭くなった鼻腔で鼻呼吸することで、鼻いびきが発生したりします。

特に睡眠中は体を弛緩させる副交感神経が優位になり、
その支配によって、鼻腔の毛細血管が拡張します。

そのために、日中よりも一層、鼻腔内が狭くなって鼻呼吸が苦しくなり、
いびきや鼻いびきをかきやすくなってしまうんです。

(関連記事 ⇒ なぜだろう?夜になると鼻がつまる⇒いびきの原因に

 

 アレルギーになりやすい人とは?

ところで、春先になると花粉症で苦しんでいる人が大勢いますが、
逆にぜんぜん平気な人もいますよね?

やっぱり、アレルギーになりやすい人ってあるんです。

アレルギーになりやすい人とは、「アトピー素因」のある人。
アトピー素因とは、以下の2つの要素を満たすことです。

  1. 本人または家族が、これまでにアレルギー性疾患に罹ったことがある人。
    (気管支喘息、アレルギー性鼻炎/結膜炎、アトピー性皮膚炎)
  2. IgE抗体が作られやすい人。

IgE抗体とはアレルギー反応に関係する抗体で、
体内に侵入した異物を排除する免疫機能の役割があります。

しかし作られすぎると、ヒスタミンやロイコトリエンなど、
アレルギー症状を誘発する物質が放出されてしまいます。

 

 アレルギー性鼻炎の治療といびき対策

アレルギー性鼻炎からくるいびきは、
十分に鼻呼吸ができないことが原因で発生します。

だから鼻腔の炎症を抑え、鼻づまりを解消することが
一番のいびき対策になります。

 

 病院での治療

大きく分けると、抗アレルギー剤やステロイド剤などを使った対症療法、
アレルゲンを注射することで徐々に抵抗力をつけていく免疫療法、
そして、鼻腔内の粘膜をレーザーで焼いてしまう手術療法があります。

通院の手間が一番少なくて済むのがレーザー治療。
治療したほとんどの人は症状に改善が見られるそうです。

ただし、その効果が続くのは1年~長くて3年といわれています。

 

 自分でできる対策

  • 鼻うがいする
    アレルゲンを鼻から追い出しましょう。
  • タバコは吸わない
    粘膜の炎症を悪化させるので、煙は遠ざけましょう。
  • マメに部屋掃除する
    花粉・ハウスダスト・ダニの死骸などのアレルゲンを減らしましょう。
  • ペットは外で飼う
    ダニがつきやすい上にペットの毛やフケもアレルゲンになります。

 

最近は自覚のないアレルギー性鼻炎の人が増えているそうです。

日中は鼻が通っているのに、夜、横になると詰まってくる、
鼻の奥がムズムズしてくる…。

という人はもしかすると、何らかのアレルギーかもしれませんので、
一度、耳鼻科での検査をおすすめします。

 

アレルギー性鼻炎にえぞ式すーすー茶

えぞ式すーすー茶

LINEで送る
Pocket


管理人が試したいびき対策と体験レビュー


えぞ式すーすー茶
いびき対策になる健康茶。夜間の鼻づまり解消でスッキリ。
⇒ 体験レビュー

しずかなおやすみ
いびき防止サプリメント。1日2粒飲むだけのお手軽対策。
⇒ 体験レビュー

いびき枕
気道を開放して呼吸をスムースに。一番手軽ないびき対策。
⇒ 体験レビュー

コメントを残す