イラストでわかる いびきをかかないトレーニング法

いびきを改善する短期集中トレーニング。1日15分のエクササイズをイラスト付きで解説。継続することで徐々に改善を実感!大応援価格で販売中です。

脳卒中のリスクを高めるいびき

脳卒中とは様々な脳血管障害の総称で、
脳の血管がつまったり、破れたりする病気です。

欧米人に比べアジア人に多く、とりわけ日本人に多く、
日本人の死因の第3位になっています。

脳卒中にはいろいろなタイプがありますが、習慣的ないびきをかく人は、
かかない人に比べ、10倍以上も発症リスクがあるといわれています。

いびきと脳卒中の関係

呼吸障害を伴ういびきの場合、いびきによって正常な呼吸が妨げられ、
酸素と二酸化炭素の交換に影響を与えます。

その結果、酸素の取り込みと二酸化炭素の排出が
うまくいかなくなってしまうんです。

体内に二酸化炭素の値が増えれば、血中の二酸化炭素濃度も増します。
すると、脳に流れ込む血液の量が急激に増える、という現象が起きます。

 

習慣的にいびきをかく人は、毎晩のように脳内の血管が
膨張と収縮を繰り返し、血管の内壁がはがれやすくなっていることが
考えられるので、血管自体が弱くなっていることがあります。

そして、弱っている血管に流れ込む血液が増えれば、
つまったり、破れたりするリスクが高まるというわけなんです。

睡眠時無呼吸症候群の場合は、さらに発症リスクが高まってしまいます。

脳卒中が朝に多いワケ

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠の二種類がありますが、
レム睡眠時には、脳への血流が増え、呼吸が減ることが分かっています。

そして、レム睡眠は明け方に長くなりやすいので、
朝、発症する人が多くなると考えられています。

つまり、朝方に夢を見ているときが一番危険ということなんです。

 

LINEで送る
Pocket


管理人が試したいびき対策と体験レビュー


えぞ式すーすー茶
いびき対策になる健康茶。夜間の鼻づまり解消でスッキリ。
⇒ 体験レビュー

しずかなおやすみ
いびき防止サプリメント。1日2粒飲むだけのお手軽対策。
⇒ 体験レビュー

いびき枕
気道を開放して呼吸をスムースに。一番手軽ないびき対策。
⇒ 体験レビュー

コメントを残す