イラストでわかる いびきをかかないトレーニング法

いびきを改善する短期集中トレーニング。1日15分のエクササイズをイラスト付きで解説。継続することで徐々に改善を実感!大応援価格で販売中です。

点鼻薬は使いすぎに注意!私が試したいびき防止グッズ(その3)

いびき防止グッズといえるかどうかわかりませんが、
私はたまに点鼻薬を使っています。

鼻中隔湾曲症の手術をしたにもかかわらず、たまに鼻づまりを起こすんです(-∀-`; )
普段は通っていますが、風邪を引いたり、エアコンが利きすぎたりすると
鼻づまりになります。

さらに、私は花粉症もあるので、シーズンになると毎日鼻づまりです…。
鼻がつまれば口呼吸となり、いびき発生という事態が発生してしまいます。

そんなとき使っているのがコレ。

アフリンノ-ドリップ サイナス 12アワーパンプミスト

アフリンノ-ドリップ サイナス 12アワーパンプミストといいます。
海外のサプリメントショップで通販しました。

国産品ではなく、なぜこれを使っているかというと、
「塩酸オキシメタゾリン」という成分が入っていたからです。

以前、耳鼻科に通っていたとき、「ナシビン」という点鼻薬を処方されていました。
ときたま使うと、割と鼻の通りがよくなる薬で、重宝していたのですが、
これの主成分が塩酸オキシメタゾリンなのです。

シュッと一吹きで朝まで鼻スッキリなので、気に入ってはいますが…

使いすぎれば、鼻づまりは悪化する

アフリンは12アワーパンプミストという名前の通り、効き目が12時間持続します。
市販の点鼻薬では、せいぜい6時間程度ですから、効き目が長いのが特徴です。

ただし、頻繁に使うと効果が感じられなくなるどころか、
さらに鼻づまりが悪化してしまうので、注意が必要です。

アフリンの説明書きにも「3日以上連続して使うな」と書いてありました('ェ';)

使いすぎると返って症状が悪化するのはアフリンだけではありません。
市販のものもナシビンも血管収縮性点鼻薬なので、使いすぎると悪化します。

 

一番いいのは耳鼻科で処方されるステロイド系点鼻薬。
ステロイドといっても、経口薬と違って副作用はほとんど出ません。

年中、鼻づまりがつらい…って人は耳鼻科でステロイド系点鼻薬を
もらうのが一番いいですよ。

 

LINEで送る
Pocket


管理人が試したいびき対策と体験レビュー


えぞ式すーすー茶
いびき対策になる健康茶。夜間の鼻づまり解消でスッキリ。
⇒ 体験レビュー

しずかなおやすみ
いびき防止サプリメント。1日2粒飲むだけのお手軽対策。
⇒ 体験レビュー

いびき枕
気道を開放して呼吸をスムースに。一番手軽ないびき対策。
⇒ 体験レビュー

コメントを残す