イラストでわかる いびきをかかないトレーニング法

いびきを改善する短期集中トレーニング。1日15分のエクササイズをイラスト付きで解説。継続することで徐々に改善を実感!大応援価格で販売中です。

【タイプ別】いびきをかかない方法まとめ

いびきの原因は人それぞれ違うので、やみくもに対策するのではなく、
まずはその原因を見極めて対処するのが、改善への一番の早道です。

そこで、いびきをかく人のタイプを管理人流に分類してみました。

大きく分けるとこんな感じでしょうか。

  • 仰向けのみ発生タイプ
  • 鼻づまりタイプ
  • 口呼吸タイプ
  • 肥満タイプ
  • その他の疾患によるタイプ
  • ホルモンバランスの乱れタイプ(女性)

私流ですが、これらのタイプ別に対処法をまとめてみましたので、
お困りの方はちょっと試してみて下さい。

 

自分のタイプを見極めよう

簡単にサクッと止めたいいびきですが、
それができれば誰も苦労しませんよね。

最短でいびきを治すために、まずは自分のタイプを見極め、
自分に合った対策をしましょう。

(関連記事 ⇒ いびきをかかない方法は原因と部位によって変わる

 

 仰向けのみ発生タイプ

仰向けの姿勢のときに舌がのどの奥へ落ち込み、
気道が狭まることでいびきをかいてしまうタイプです。

毎日じゃなく、時々かく、という人はこのタイプが多いようです。

考えられる原因の筆頭は枕が合ってないこと。

つまり、仰向けの姿勢のときに必要以上にうつむきになっていて、
気道が圧迫されて狭まることが原因と考えられます。

また、普段から猫背気味でうつむき加減の人は、
寝るときもうつむき加減になって、気道を圧迫しがちです。

効果的な対処法は2つあります。

  • 横寝のくせをつける
  • うつむき加減にならない枕に変える

(関連記事 ⇒ 私が試したいびき防止グッズ(その2)いびき防止まくら

枕と寝姿勢に注意して、気道を確保すればいびきが軽減されます。

 

 鼻づまりタイプ

鼻づまりから口呼吸が誘発されていびき発生、
または、鼻いびきが発生してしまうタイプです。

鼻炎や副鼻腔炎などの鼻疾患からくる鼻づまりのほか、
夜間だけ、なぜか鼻がつまるという人も。

夜間の鼻づまりについては、以前の記事でも書きましたが、
副交感神経の働きで、鼻の毛細血管が拡張することで起こります。
また、アレルギー性鼻炎に罹っているが自覚していないという人も。

(関連記事 ⇒ なぜだろう?夜になると鼻がつまる⇒いびきの原因に

いずれにしても、鼻づまり解消が一番の対処法です。

耳鼻科での治療やレーザー手術以外では、下記のような
市販品を使うという方法もあります。

  • 鼻腔拡張テープ
  • 点鼻薬
  • すーすー茶

この中でいちばん即効性があるのは点鼻薬ですが、副作用により、
だんだん鼻づまりが悪化するので、長期連用は避けましょう。

 

 口呼吸タイプ

鼻づまりから口呼吸を誘発することもよくありますが、
鼻がつまっていなくても口呼吸になる場合があります。

原因としては、飲酒、ストレス、疲労からくるものや、
もともと口呼吸のくせがついてしまっている、ということも考えられます。

お酒を飲むとアルコール分解のため、普段以上の酸素が必要なので、
より多くの酸素が取り込める口呼吸を誘発します。

そして、アルコールには弛緩作用があるので、のど粘膜が緩み、
舌がのど奥に落ち込むことで気道が狭くなり、いびきをかきやすくなります。

ストレスを受けたときや疲労が激しいときも、普段以上の酸素を必要とし、
筋肉も弛緩するので、口呼吸を誘発してしまいます。

このタイプの対処法としては、鼻呼吸を促進するトレーニングをしたり、
口閉じテープを使うなどが有効です。そして、飲みすぎないことも。

(参考記事 ⇒ 口呼吸を鼻呼吸に変えていびき改善

 

 肥満タイプ

一般的な肥満体だけじゃなく、見た目では太って見えない
隠れ肥満もこのタイプに含まれます。

のどの粘膜周辺についた脂肪や分厚くなった舌が気道を狭め、
いびきを発生させてしまいます。

肥満は睡眠時無呼吸症候群になりやすいので、
特に注意が必要なタイプです。

やはり、痩せるのが一番の対処法ですが、難しい場合は
あごの引き締めエクササイズだけでも行うといいでしょう。

(関連記事 ⇒ あごの脂肪が原因かも?あごを引き締めていびき改善

 

 その他の疾患によるタイプ

アデノイドや扁桃などののどの疾患によるものや、
甲状腺機能低下症による粘膜のむくみが原因の場合があります。

いびきはこれらの疾患のサインとして現れているので、
体に異変を感じているなら、病院で診てもらいましょう。

 

 ホルモンバランスの乱れタイプ(女性)

女性の場合、更年期になるとエストロゲンの分泌が低下するので、
上気道周辺の筋肉が弛緩してしまい、いびきをかくようになる人がよくいます。

(関連記事 ⇒ この歳になって急に…女性のいびきと更年期

また、まだ卵巣が元気なはずの20代や30代でも、過激なダイエットや
ストレスなどによって、エストロゲン分泌が低下することがあります。

まだ若いのにいびきをかくという女性は、
ホルモンバランスの不調が原因かもしれません。

体の冷えや睡眠不足、食生活に注意し、ストレス解消を図りましょう。

 

LINEで送る
Pocket


管理人が試したいびき対策と体験レビュー


えぞ式すーすー茶
いびき対策になる健康茶。夜間の鼻づまり解消でスッキリ。
⇒ 体験レビュー

しずかなおやすみ
いびき防止サプリメント。1日2粒飲むだけのお手軽対策。
⇒ 体験レビュー

いびき枕
気道を開放して呼吸をスムースに。一番手軽ないびき対策。
⇒ 体験レビュー

コメントを残す