イラストでわかる いびきをかかないトレーニング法

いびきを改善する短期集中トレーニング。1日15分のエクササイズをイラスト付きで解説。継続することで徐々に改善を実感!大応援価格で販売中です。

市販のいびき防止グッズ(お手軽アイテム編)

市販されているいびき防止グッズは非常にたくさんあるので、
いったいどれがいいのか…と、迷ってしまいますよね。

そんな中で、今回はお手軽に使えるアイテムをご紹介します。

ネルネル

 

 口閉じテープ(価格 1,000円未満)

「ネルネル」などの商品があります。

唇の上から貼り、睡眠中に口が開かないようにするテープです。
口呼吸が原因でいびきをかく人に有効ですが、鼻呼吸だけになるため、
鼻づまりのある人は使わない方が無難です。

口に貼るだけなので、セロテープやガムテープでもできますが、
かぶれることがあるので、注意しましょう。

 

 口閉じマスク(価格 1,000円程度)

「いびきマスカット」などの名称で売られています。
シリコン製のマスクで、装着すると開口できなくなります。
やはり、口呼吸が原因でいびきをかく人に有効です。

シリコン製で通気性がないので、朝起きると、汗や息による水蒸気で
ベトベトになっていることも。

 

 鼻孔拡張テープ(価格 1,500円程度)

テレビCMで有名な「ブリーズライト」が代表的な商品です。
寝るときに鼻の上から貼り付けます。

テープ内側のプラスチックバーの反発力で鼻の穴を広げるだけのものです。
鼻呼吸を促進しますが、慢性的な鼻づまりには効果がないともいわれています。

軽い鼻づまりが原因で口呼吸になる人に有効ですが、
朝になるとはがれていることも。

 

 鼻孔拡張リング(価格 1,500円程度)

「ノゾベント」などがあります。

鼻の穴に挿入し、プラスチックの反発力で鼻孔を広げ、
鼻づまりを軽減し、鼻呼吸を促進するというものです。

鼻孔拡張テープよりも、より鼻孔が広がります。
外れやすいので、朝になると取れてしまっていることも。

 

 マウスピース(価格 2,500円程度)

医療用マウスピース(スリープスプリント)は、睡眠時無呼吸症候群の
治療にも使われており、下あごを前方に出した状態で固定し、
気道を確保するというものです。

それに対して、市販のマウスピースは単に開口を防ぐだけのものです。
口の中の違和感が気になって眠れないという人も。

「いびきくん」などの商品が売られています。

 

鼻づまり解消と口呼吸防止の簡易なアイテム

ご紹介したお手軽ないびき防止グッズは、
鼻づまり解消か口呼吸防止のアイテムなのがお分かりでしょうか。

鼻づまり⇒口呼吸⇒いびき発生

または

開口ぐせ⇒口呼吸⇒いびき発生

という、あまり深刻ではないいびき用のグッズと考えた方がいいようです。

安価なものを試してみるのもいいですが、
期待しすぎず、あまりお金を掛けすぎないようにしましょう。

 

LINEで送る
Pocket


管理人が試したいびき対策と体験レビュー


えぞ式すーすー茶
いびき対策になる健康茶。夜間の鼻づまり解消でスッキリ。
⇒ 体験レビュー

しずかなおやすみ
いびき防止サプリメント。1日2粒飲むだけのお手軽対策。
⇒ 体験レビュー

いびき枕
気道を開放して呼吸をスムースに。一番手軽ないびき対策。
⇒ 体験レビュー

コメントを残す