イラストでわかる いびきをかかないトレーニング法

いびきを改善する短期集中トレーニング。1日15分のエクササイズをイラスト付きで解説。継続することで徐々に改善を実感!大応援価格で販売中です。

いびきの治し方の基本はアレをやめることだった!

いびきを治すために手術したり、いびき防止グッズを使ったり、
できることはたくさんありますが、お金の時間も掛けずに、
手軽にできることもあるんです。

普段の生活習慣を見直し、よくないと思えることをやめる!

たったこれだけでいびきが治るとしたら、
やってみる価値はあるんじゃないでしょうか。

 

これをやめていびきを治す!

 ドカ食いをやめる

食べ過ぎれば太ってしまい、のどの周りの脂肪や厚くなった舌が
上気道を狭くして、いびきの原因になってしまいます。

特にいけないのが、夜遅く食べること。
生活習慣病の原因にもなるので、ぜひやめましょう。

 

 睡眠薬や精神安定剤をやめる

これらの薬は、筋肉を弛緩させる働きがあるため、
上気道の筋肉までリラックスさせてしまい、気道閉塞の原因になります。

普段からいびきをかく人だけでなく、いびきをかかない人に対しても
いびきを招いてしまいます。

 

 飲みすぎをやめる

アルコールにも筋肉を弛緩させる働きがあるので、
気道閉塞の原因になり、いびきを誘発します。

また、アルコールには興奮作用もあるので、
飲みすぎれば、かえって不眠を招くことも。

 

 タバコをやめる

タバコはのどや鼻の粘膜に炎症を起こさせます。

鼻の粘膜が炎症を起こして腫れてしまうと口呼吸を招き、
いびきの原因になってしまいます。

吸いすぎれば咽頭も腫れて、イガイガ感を感じるようになり、
気道を狭める原因になります。

 

 夜更かしをやめる

睡眠は寝始めのノンレム睡眠がもっとも深いといわれています。
夜更かしすればノンレム睡眠が短く、浅い眠りなってしまいます。

眠りが浅いほど、いびきをかきやすくなるので、
夜更かしは避けましょう。

 

 乳製品や豆乳をやめる

乳製品などがアレルギーを起こし、鼻やのどの粘膜に
炎症を起こしているかもしれません。

これらを習慣的に摂っている人は、一時的にやめてみましょう。

 

LINEで送る
Pocket


管理人が試したいびき対策と体験レビュー


えぞ式すーすー茶
いびき対策になる健康茶。夜間の鼻づまり解消でスッキリ。
⇒ 体験レビュー

しずかなおやすみ
いびき防止サプリメント。1日2粒飲むだけのお手軽対策。
⇒ 体験レビュー

いびき枕
気道を開放して呼吸をスムースに。一番手軽ないびき対策。
⇒ 体験レビュー

コメントを残す