イラストでわかる いびきをかかないトレーニング法

いびきを改善する短期集中トレーニング。1日15分のエクササイズをイラスト付きで解説。継続することで徐々に改善を実感!大応援価格で販売中です。

鼻づまりが苦しい…花粉症といびき

管理人ゴォー太郎です。

私はスギ花粉症なので、2月ごろから鼻がムズムズしだして、
3月になると、鼻水とくしゃみに苦しめられます。

そして、いびきの原因となる鼻づまりも最悪の状態に…。

そんな花粉症のアレルゲンは、スギ花粉に限らないので、
人によっては、夏場に発症したりする鬱陶しい病気ですね。

花粉症によるアレルギー性鼻炎が招くいびき

花粉症で一番つらい症状が鼻づまり。
夜、息苦しくて眠れなかったり、夜中に目が覚めてしまったり。

鼻粘膜の炎症により、鼻腔内が狭くなってしまい、
空気の通りが悪くなるのが原因です。

そして、この鼻づまりが口呼吸を招くことになり、
この時期だけ、いびきかきになる人もいると思います。

 

【花粉症によるアレルギー性鼻炎の対症療法】

 内服薬

抗ヒスタミン薬、ステロイド薬、抗アレルギー薬など、
処方薬がおすすめですが、市販薬でも効果の高いものもあります。

もっとも効果が高いといわれているのがステロイド薬(処方薬)。
抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬では効かなかった人も
ステロイドなら効くことがよくあります。

ただし、ステロイドには強い副作用があるので、
短期間だけの使用に留めることが大切です。

 

 点鼻薬

病院で処方してもらうステロイド系点鼻薬がおすすめです。
効果は抜群で、内服薬と違って副作用が出にくいので、
あまり心配せずに使えます。

また、花粉症には市販の点鼻薬は使わない方が無難です。
以前の記事にも書きましたが、市販のものはほとんどが
血管収縮剤が入っています。
以前の記事 ⇒ 市販のいびき防止グッズ(点鼻薬編)

使いすぎると鼻づまりが悪化してしまうので、
鼻づまりが長期間続く花粉症には向いていません。

 

 ヒスタミンを抑えるお茶

アレルギー反応の原因となるヒスタミンの放出を抑えるお茶があります。

管理人も試しましたが、2~3日飲み続けるとジワジワ効いてきて、
グズグズと鼻づまりがかなり緩和されました。
(関連記事 ⇒ ホントに効いた!?鼻づまりからくるいびきにはコレ

 

 レーザー治療

鼻腔内の粘膜をレーザーで蒸散させることで、
アレルギー反応を起こりにくくする手術で、
効果の方は70~80%といわれています。

粘膜の表面だけを焼くので、出血も少なく、
日帰りで受けられます。

粘膜が徐々に再生してくるため、その効果は長くて3年。
1~2年に一度受けるのが理想的といわれています。

 

花粉症による鼻づまりが原因でいびきをかく、という場合、
治療の第一選択はレーザーです。

効果的な上、保険診療なので費用も一番安く済みますよ。

 

LINEで送る
Pocket


管理人が試したいびき対策と体験レビュー


えぞ式すーすー茶
いびき対策になる健康茶。夜間の鼻づまり解消でスッキリ。
⇒ 体験レビュー

しずかなおやすみ
いびき防止サプリメント。1日2粒飲むだけのお手軽対策。
⇒ 体験レビュー

いびき枕
気道を開放して呼吸をスムースに。一番手軽ないびき対策。
⇒ 体験レビュー

コメントを残す