ゴォー太郎のプロフィール!いびきをかき続けて30年

こんにちは、ゴォー太郎こと一之瀬孝太郎と申します。
この度は、当ブログへ訪問していただき、誠にありがとうございます。

簡単に自己紹介しますと・・・
現在、40歳になる、いびきを歴30年以上のいびき上級者です^^

私が歩んできたいびき歴をちょっぴりご紹介してみますね。

 

痛い手術だったアデノイド摘出

私がいびきと出会ったのは小学3年のときでした。

異常にいびきをかいてたらしく、
両親が心配して病院に連れて行ったのがキッカケです。

そして、人生初の手術、アデノイド摘出手術を受けました。
とにかく痛かったです・・・。

これで一応、いびきは軽減されたらしいんですが、
副鼻腔炎と鼻中隔湾曲症も患っていたので、
何年間も医者通いをしてました。

中一になるまで通ってたんですが、いいかげん嫌になり、
通うのをやめてしまいました。

そして数年後・・・いびき復活です!

年中、鼻の通りが悪く、口呼吸していたのが原因だと思いますが、
その当時はいびきを自覚してませんでした。。。

 

いびきを自覚した出来事

自覚したのは大人になってからです。

初めて一人暮らしをしたのは、狭いワンルームだったんですが、
やたらと隣室の住人に変な顔をされるようになったんです。

最初は不思議に思ってましたが、そのうち気づきました。

もしや・・・いびきか!?と。

両隣だけでなく、上の階の住人にも睨まれたりして・・・
私のいびきが原因かどうかは不明ですが、左隣の人は引っ越しました。。。

今思うとすいぶん迷惑をかけてたんですね・・・。

ここまでずっといびき放置です。

 

そして、さらに追い討ちをかけるような出来事が!

35歳のときに会社を辞め、心機一転のため海外旅行に行ったんです。
行き先はベトナム。

何となく行きたかったから行っただけで、目的も何もありませんでしたが、
それなりに面白い国でした。

が、この旅行で嫌でもいびきを自覚させられることがありました。

ホーチミンでは安宿街のミニホテルに泊まったんですが、
ホテルの受付の人に、

「あなたはいびきがうるさいから、ホテルを変わってくれないか」

といわれてしまったんです・・・。(隣室の外人から苦情がきたらしいです)

いびきのことはすっかり忘れていただけにショックでしたが、
やっぱりまだ・・・と改めて自覚しましたね。

 

鼻中隔湾曲症の手術を受ける

そして帰国後、再び耳鼻科へと急ぎました。

鼻中隔湾曲症は手術するほどひどくはないと医者は言ってましたが、
とにかく鼻の通りが悪いので、手術してもらうことにしました。

同時にのどへのレーザー照射も。
三箇所に照射することで、いびきが軽減されるとのことでした。

一週間ほど入院しましたが、鼻の通りは極めてよくなりました!
いびきの方はこの時点では不明でしたが、きっと治ったんだろうと思ってました。

が、それは甘かったです・・・

 

数年が経ち、あるとき仕事でボイスレコーダーが必要になったので
アマゾンで購入。

録音のテストも兼ねて、自分のいびきを録音してやろうと思い、
寝るときに枕元にセットしてみました。

かいてても、どうせたいしたことないだろう、のどにレーザーも撃ったし。
と思っていたのですが・・・

無残にも希望は打ち砕かれました・・・

そこに録音されてたのは、ゴォー!ゴォー!という爆音。
治ってなかった・・・このときはかなりショックでした。

 

その後、様々ないびき対策を行い、今日に至っています。

まだ、いびき完全消滅には至っていませんが、このブログを書いていくことで
最終的な結果が出るだろうと思ってます。

 

本気でいびきを治したい方、私と一緒にがんばりませんか?

今すぐ治らなくても、徐々にでも軽減して、
最終的に結果が出ればいいんです!

ゴォー太郎が精一杯考えて、いびき改善に協力します。

 

苦節30年、ついにいびきをかかなくなる!

※プロフィールの追記です。

このブログを始めて3年経ちますが、その間、いびきを治すために
たくさんの方法を試みてきました。

多くの方々と同様、やはり私も最初は、いびき防止グッズで何とかなるだろう…
そのうち何かいいものが見つかるだろう…と考えてたんですね。

実際、試したものの中には、思いのほかいびき軽減効果の
あるものも、あるにはあったんです。

 

しかし、いびきを根本から治すグッズはありません。

なぜなら、それらグッズは対症療法だからです。
つまり、いびきを防止するにはそれを一生手放せないということ…。

 

試行錯誤の末、私がいびきを克服した方法はトレーニングです。
いびきを改善しよう!と決めてから、最終的に出会ったものでした。

このトレーニングとは、上気道構成筋を鍛えて筋力をアップし、
睡眠中の筋弛緩を抑えることで、いびきを改善するというものです。

これが功を奏して、徐々にではありますがいびきが軽減され、
ついにまったくかかなくなったんですね。

そして、現在は最初に見つけたトレーニングよりも、
より効率的なトレーニング法を自分で考案し実践しています。

もう、私自身はいびきをかかなくなりましたが、
いびきと真剣に向き合うようになって一番思うことは…

「楽をして治す方法はない」ということです。

 

もちろん自分に合ったグッズを使えば軽減はできます。
そんなに酷くないいびきなら、それでもいいと思います。

でも、以前の私のように怪獣か?ライオンか?というくらいの
凄まじいいびきをかく場合は、根本から治したい!って思うんじゃないでしょうか。

このブログでは、これからも変わらず、
本気でいびきを治したい!という方を全力で応援します。

 

LINEで送る
Pocket