イラストでわかる いびきをかかないトレーニング法

いびきを改善する短期集中トレーニング。1日15分のエクササイズをイラスト付きで解説。継続することで徐々に改善を実感!大応援価格で販売中です。

睡眠が浅いと感じたときにやってみるべきことは?

十分眠ったはずなのになぜか眠った気がしない。
そんな経験はありませんか?

よく、眠りすぎるとよけいに眠くなるといいますが、
単に睡眠が浅いだけなのかもしれません。

だれにでもある浅い睡眠を改善するには?

朝起きたとき、「あ~よく寝た!」と感じると
とても気持ちがいいですよね。

そんな状態が持続する方法をお伝えします。

 

 就寝前に深呼吸をする

たったこれだけで、寝つきがよくなる場合があります。
仕事で疲れていたり、ストレスが溜まっていたりすると
体に緊張感が残っています。

緊張しているときは呼吸が浅くなるので、
意識的に深い呼吸を体になじませるわけです。

 

 就寝前にストレッチをする

これも体から緊張を取り除く効果があります。
リラックスすることで、眠りの準備を整えましょう。

 

 半身浴や足湯をする

あまり熱くないお湯で、半身浴や足湯をすると、
リラックス効果が得られ、自然な入眠をしやすくなります。

面倒くさいからと、シャワーだけで済ませている人は
一度お試しください。

 

 毎日の就寝・起床時間を決める

就寝・起床時間を平日も休日も同じにすることで、
睡眠のリズムを整える方法です。

規則正しい睡眠のリズムを身に付ければ、体調もよくなります。

 

 食事は就寝の4時間前までに済ませる

食べ物によって消化時間は違いますが、おおむね2~4時間掛かります。
胃の中に食物が入っていると、消化活動のため脳が興奮状態となり、
寝つきが悪くなってしまいます。

 

 夕食後のコーヒー、紅茶を避ける

カフェインには覚醒作用があるため、入眠の妨げになります。
カフェインの作用がなくなるまで、約4時間掛かるので、
飲むのは就寝の4時間前までにしましょう。

 

これらすべてのことを実践するのは、なかなか難しいですが、
できることだけコツコツとやっていけば、睡眠の質が上がり、
起床時のスッキリ感が得られ、疲れも取れやすくなります。

最近、寝た気がしない…という人はぜひお試しあれ。

 

不眠対策に「北の大地の夢しずく」

夢しずく

LINEで送る
Pocket


管理人が試したいびき対策と体験レビュー


えぞ式すーすー茶
いびき対策になる健康茶。夜間の鼻づまり解消でスッキリ。
⇒ 体験レビュー

しずかなおやすみ
いびき防止サプリメント。1日2粒飲むだけのお手軽対策。
⇒ 体験レビュー

いびき枕
気道を開放して呼吸をスムースに。一番手軽ないびき対策。
⇒ 体験レビュー

コメントを残す