イラストでわかる いびきをかかないトレーニング法


イラストでわかる いびきをかかないトレーニング法いびきを改善する短期集中トレーニング。1日15分のエクササイズをイラスト付きで解説。継続することで徐々に改善を実感!大応援価格で販売中です。

夜中に何度も目が覚める?睡眠時無呼吸症候群と不眠症

いびきと深いかかわりがある無呼吸。10秒以上呼吸が止まる状態です。

この無呼吸状態が睡眠中に、1時間/5回以上、あるいは7時間/30回以上
ある場合が睡眠時無呼吸症候群と定義されています。

SASの人は一晩中、呼吸と無呼吸を繰り返していますが、
上気道が狭窄しているため、酸素不足でだんだんと苦しくなってきます。

そして、ついに脳が覚醒して無理矢理に呼吸を再開させようとするんです。
脳が覚醒すると弛緩していた筋肉が緊張するため、呼吸しやすくなるからです。

 

通常、SASの人はこうした脳の覚醒を短い周期で繰り返すため、
脳は十分休めていません。

日中に強い眠気や倦怠感を感じてしまうのはそのためです。

(関連記事 ⇒ 眠ったのに体がダルい…いびきは脳の疲労シグナル

 

薬で無理矢理眠るのは危険なSAS

不眠症(睡眠障害)には「入眠障害」「中途覚醒」「早朝覚醒」「熟眠障害」の
4つのタイプがありますが、SASの症状として現れるのは主に中途覚醒です。

通常、うつらうつらしているため、自分では脳の覚醒に無自覚ですが、、
はっきりと目が覚めてしまう場合は中途覚醒と呼ばれます。

 

低酸素から脳の覚醒を招き、目が覚めてしまう訳ですが、
一度目が覚めると、その後なかなか寝付けないという人が多いようです。

眠れたとしても、また苦しくなって目が覚め…と
一晩中繰り返す人も珍しくありません。

 

SASからくる中途覚醒を治すには、SASの治療をするしかありませんが、
怖いのは自分でSASだと気付いていない人です。

夜中に目が覚めるのは誰でも嫌ですから、何とか対策を…と、
最初に試すのは恐らく睡眠導入剤でしょう。

今は海外通販で作用の強い睡眠薬も安価で手に入る時代ですから、
わざわざ病院で処方してもらうまでもありません。

しかし、睡眠導入剤は筋弛緩作用のあるものが多いので、
さらに上気道を狭窄させ、取り込む酸素の量を減らすことになります。

しかも、薬の力で眠らせる訳ですから、低酸素の状態になっても目が覚めず、
ますます低酸素血症を悪化させることになるんです。

 

血中酸素濃度が低くなると、脳への酸素供給や血流も滞るので、
脳血管障害のリスクもグン!と上がってしまいます。

夜中に何度も目が覚める。しかも睡眠中に大きないびきをかく。
という人は、不眠症よりもまずSASを疑ってみて下さい。

 

CPAP(シーパップ)治療用マスク

LINEで送る
Pocket


管理人が試したいびき対策と体験レビュー


えぞ式すーすー茶
いびき対策になる健康茶。夜間の鼻づまり解消でスッキリ。
⇒ 体験レビュー

しずかなおやすみ
いびき防止サプリメント。1日2粒飲むだけのお手軽対策。
⇒ 体験レビュー

いびき枕
気道を開放して呼吸をスムースに。一番手軽ないびき対策。
⇒ 体験レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*